北海道移住が人気です

北海道に住みたいと憧れている人が多くなっています。人気の理由は、まず広大に自然が癒される、海の幸がおいしくて他の地域より安くで食べられたり、冬が好き、農業がしたい、家賃が安い、北海道の人柄が好きなどがあります。

北海道移住人気の理由

また、住まいも広くて価格も高くないのが気に入っているという声もよく聞かれます。そのほかにも渋滞が少ないというのも東京近郊から来た人にはとても快適でしょう。(札幌中心部は時間帯によっては渋滞しますが)

都市部以外の地域では買い物のために車は必須ですが、札幌や函館のような都市部に暮らせば車がなくても困りません。

またスキーが好きで移住したがる人も多く、スキー好きにはたまらない場所だと思います。 北海道のあちこちにはスキー場がたくさんあってスキーシーズンも長いです。

北海道移住

北海道の風情もまた美しいです。雄大な自然や趣のある建物がたくさんあります。 夏は大草原がどこまでも続き、春のお花畑はとても美しいです。

のどかなところで暮らしたらきっとストレスのない生活を遅れそうですね。

しかし、冬が苦手な人は結構辛い気候です。寒さになれる必要はあるでしょう。

北海道

北海道暮らしの実態

北海道の就職状況や生活の事、交通面さまざまなことが気になると思います。

まず求人状況と賃金相場ですが、日本全体が悪いなか北海道も同様です。実際の求人情報はインターネットで調べられますのでチェックしてみてください。

なお、北海道では冬に燃油を多く消費しますので、会社によっては燃油手当てというものが出ます。独身者で5万くらい、既婚者は10万くらい手当てが出るところも多いです。

北海道移住

次に交通ですが、都市部ではまったく不便は感じません。地下鉄や汽車、市電も走ってますから通勤にはそれらの乗り物を利用できます。

住宅は、都心と比べてかなりの安さです。東京の半額くらいでしょうか。たとえば賃貸で東京都心ワンルーム6万くらいの部屋であれば、札幌では3万くらいで借りることができます。

家族向けの2LDKとかになると6〜7万円で結構良い部屋があります。また、北海道では暖房器具はほとんど部屋に備え付けられていますし、2重窓で冷たい風が少しでも入ってこないようになっています。

北海道に移住して農業を始める

北海道で農家になるにはどのようにしたら良いでしょうか?

北海道で農家になりたい人をサポートしてくれる支援団体があります。社団法人である北海道農業担い手育成センターでは、初めて農家をする人の新規受付から、セミナーを開催しています。

これなら、安心して位置から学ぶことができるし、実際に営んでる農家を見学して体験することもできるのでアドバイスをもらいながら農業ができそうですよね。

北海道農業

また市町村によって違いますが、支援サポートがあります。また、自営業だけじゃなくて農業法人で働くこともできます。

その場合は、直接農業法人の会社を訪ねるなどして就職希望の旨を伝えに行きましょう。農業で働くための資格は大体大型特殊けん引き免許、大型自動車免許などが必要です。

実際に体験者の実習募集をネットで行っていて、求人情報もあります。

また、この北海道農業担い手育成センターのサイトでは、インターネットでの相談サポート窓口もあります。農家に関するサポートが充実したこのサイトを観覧してる人は多く、多くの新新規農家者に役立っています。

このサイトがあることが分かり、活用することで、農業生活が安心してスタートできた人がたくさんいます。

北海道流氷

北海道移住を考えてる人へのツアー

北海道移住を検討するなら見学ツアーの利用がおすすめです。

たとえば、北海道の標津市に住んでみたい人対象のツアーがあります。

空港でお迎えがきてツアー開始。標津市の文化や食を味わって、どのような市なのかを知り、生活をイメージできるようになります。

また、ツアーの中には、現地の人との交流会が設けられています。このツアーの目玉は、町内宿泊と自然体験の食事代が52500円相当の費用が無料という点です。その他の食事代はご自身負担となります。

北海道

中頓別町も同様のツアーをやっています。

旭川空港について、バスで観光していきます。旭川動物公園を見学し、中頓別の歴史などを学ぶ講座、森林体験、オホーツク海の流氷ツアー、オオワシに出会える体験、雪に中で遊ぶプログラムなどさまざまな企画を用意しています。

参加費は、一人50000円で朝食2食、夕食3食と体験費が含まれます。宿泊費は57000円のコテージと80000円のコテージから選べます。(6泊分)

2名様で申し込みのときは、157000円で、5000円くらい安くなります。

初めての土地で不安がたくさんあるかと思いますので、実際に行って考えても遅くありません。

他にもさまざまなツアーがありますので、ぜひ活用しましょう。


Copyright 北海道移住ガイド All rights reserved.

privacy